がんばれゴエモン!からくり道中

レビューNo 0045
メディア ファミリーコンピュータ
発売日 1986年7月30日
開発元 コナミ
発売元 コナミ

コナミの人気シリーズになったゴエモン。
ゴエモンの原点と言ってもいいかもしれないが、
実際には今作より前にアーケードでゴエモンがリリースされている。
2メガの大容量という事でボリュームもかなりある。
子供のころから遊んでいたので、思い入れはかなりある。
でも、クリアはできなかったなー。

ストーリーをば。
金持ちから盗みを働く義賊のゴエモン
庶民を助けるため世直しの旅に出る…。

ジャンルは横スクロールのアクション。
奥行きもあり、両サイド自由に行き来ができる。
基本的に通行手形を3つ持ってゴールにたどり着けばステージクリアとなる。
ステージ中に隠し階段が点在しており、そこでは銭や手形などが手に入る。
手形は店でも購入できるが、値段が高いのでできれば階段の中で見つけるのが筋だろう。
だが階段で手形をゲットしても、手形3つまでに届かないのがほとんどだ。
なので店で購入してもいいが、秘密の入り口があるお店に行くのがイイだろう。
秘密の入り口は3Dダンジョンになっており、そこではダンジョンマップ、銭、手形が手に入る。
たまに残機アップの大入り袋もあるのでお得だ。
ただ、最初の頃はマップが狭いのでラクだが、ステージが進むにつれてドンドン広くなってくる。
難しくなってくるので、マップが見つからない時は裏技でマップを見るとイイ。
AとB同時押しでマップを見る事ができるゾ。

ステージは町、村、海と山などバラエティに富んでいる。
特に海と山はやっかい。ステージこそ狭いが、落下の危険があるので非常に難しい。
ミスして落ちると揃えたワラジがなくなり、機動力が落ちるので益々危険になる。
なのでジャンプには細心の注意を払う必要があるゾ。

町と村はマップの広さが特徴。序盤は把握しやすいが、5面の町からクッソ広くなる
似たようなマップが続くせいか、自分がドコにいるわからなくなってくるゾ。
自力で攻略するなら、マッピングしながらプレイする方法もある。
まぁでも攻略サイトを参考にプレイするのがイイでしょー。

2メガの大容量によりボリュームはあるが、
それが仇となり冗長なゲームに仕上がっていると思う。
町と村のステージが長すぎるのが原因だなぁ。
周回毎にエンディングのメッセージが異なり、八回目まであるようだが、
そこまでやるのはよほどのモノ好きでしょうね。セーブ機能もないし。
GBA版ならセーブ機能があるのでそっち方がイイだろうね。

ゲームの評価 ★★★★★★★☆☆☆ 07/10
オススメ度 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 04/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
長丁場に耐えられる人なら…。
中古ファミコンソフトがんばれゴエモン!からくり道中(箱説なし)

ゴエモンシリーズの音楽を多数収録!!なんと10枚組!!
中古アニメ系CDがんばれゴエモン さうんど玉手箱 ~オリジナル・サウンドトラックBOX~

中断セーブできるよ!!
中古GBAソフトがんばれゴエモン!からくり道中ファミコンミニ20

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする