ネメシス


レビューNo 0006
メディア ゲームボーイ
発売日 1990年2月23日
販売元 コナミ
開発元 不明(おそらくコナミ)

ゲームセンターで人気を博した「グラディウス」。
その後、様々なゲーム機に移植された。
そしてこのネメシスですが、
さしずめゲームボーイ版グラディウスと言った所だろうか。
ゲーム性やステージ構成などグラディウスを踏襲していると思う。
(今回のプレイは「コナミGBコレクション」で行なっています。)

惑星「ネメシス」が舞台。だが、ゲーム中では説明されないでアル。
ゲームスタートすると、オプション画面がでます。
そこでは残機数やステージセレクトができるので、なかなか親切。
ステージ数は「5」で長すぎず、短しすぎずでイイ感じ。
そして隠しステージまである。
二週目に突入すると、難易度が上がったステージが待っているゾ。

第一ステージ
グラディウスを知ってる人ならお馴染みの火山ステージ。
特に難しい箇所もなく、難なく進む事が出来ると思う。
ここできっちりパワーアップしておきたい。
ボスはビッグコア。動きも本家と同じような感じだと思う。
二週目になるとレーザー以外に弾も撃ってくるので手強い。

第二ステージ
何かの体内の中みたいな?ステージ。
アメーバみたいな敵がでたり、狭い所を進んだりする。
画面に突然現れる敵(ザブって奴)がでたりと、かなりやっかい。
ボス手前のザブゾーンもキツい。
絶対にバリアを張っといた方がいいでしょう。
ノーダメージで抜けるのは困難。

第三ステージ
グラディウスと何の関係があるか知らないが、
なぜかあるモアイステージ。
モアイでスコア稼ぎに頑張りすぎなければ、
すんなりクリアできるでしょう。
あ、このゲームでのスコアは、ステージクリア後に表示されます。

第四ステージ
恐竜の化石みたいのがたくさん転がってるステージ。
道が狭かったり、隕石が頻繁に飛んできたりとかなり危険。
初見ではクリアは難しいかもナ!?

第五ステージ
要塞のような建物の中に入っていくステージ。
最終ステージにふさわしい難易度で、
敵がひっきりなしに現れ、配置されている敵もいやらしい。
後半のコンテナが前から流れてくる所が峠。
通路は狭く、上下に弾を撃ってくる敵などもいて、
撃墜される恐れがあるでしょう。
もし中盤でミスをした場合、途中から始まる事になるが、
リカバリは絶望的だと思う。

完成度はかなり高く、白黒画面でファミコンや
スーファミよりも性能の低いハードでよくできたなって印象。
チラつきは若干ありますが、
処理落ちなどはまったく感じなかったです。
シューティング初心者にも上級者にもおすすめできる一本でしょう。

オススメ度 ★★★★★★★☆☆☆ 星07/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介

ネメシスの他にゲームが三つ入ってるお得版
中古GBソフトコナミGBコレクション Vol.1 (箱説なし)

やっぱりオリジナル!!安いのが魅力。
中古GBソフトネメシス (箱説なし)

グラディウスの名曲達をクラシックで!!
中古CDアルバムグラディウス・イン・クラシック 1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする