伝説のスタフィー

レビューNo 0047
メディア ゲームボーイアドバンス
発売日 2002年9月6日
開発元 トーセ
発売元 任天堂

おそらく低年齢層に向けて作られたと思われるスタフィー。
カービィなんかと立ち位置が被っているような気がするが。
GBAで三作、DSで二作とそれなりに長く続いた作品。
でも、十年くらい新作が出てないようだから、シリーズは終わってしまったのかな?
伝説のゲームクリエーターの故横井軍平氏が最期に関わっていた作品らしい。

ストーリーをば。
空に浮かぶ「テンカイ」の王子、スタフィー
ある日スタフィーがテンカイの宝を運んでいたところ、
うっかり地上に落としてしまう。
すると、海は大嵐に見舞われ、テンカイにも竜巻が現れスタフィーは海に落ちてしまう。
落ちた先でロブじーさんというロブスターに助けれられ、
スタフィーはテンカイに帰る方法を探しに海を冒険する…。

ジャンルはサイドビューで探索型?のアクション。
水の中と地上を往ったり来たりする。
水の中ではスイスイ泳げてストレスフリーである。
地上ではダッシュもできるし、ジャンプは落下中に空中を滑空する事ができる。
攻撃方法は体を回転させるスピンアタック
ただ、連続してスピンし続けると目が回ってしまうので注意しなければならない。

体力は数値で5つ。真珠を5つ集めると体力が1個回復する。
真珠はたくさんあるのでゲームオーバーの心配はあまりないだろう。
そして体力は残機の役割もあり、落下などで一撃死すると体力が1個減るだけである。
セーブはマーメイドがいる貝殻をタッチすると素早くセーブしてくれる。
他にポーズした状態で電源を切ると中断セーブ出来る。
上述した通り、低年齢層に向けられたゲームなので、
アクションは簡単な方である。

ステージは章仕立てと言えばイイだろうか。
クリアしていけば自動的に次のステージに進む。
プレイの合間には会話シーンが挿入されており、
次に何をしたらいいか分かるようになっている。
ただ、会話シーンはテンポを阻害しているような気がしないでもない。
1ステージに何度も出るし、子どもにはちょっと厳しいんじゃないかと思うんだよね。
エンディングの後は冒険の目的が変わり、スタフィーが落とした宝箱を集める事になる。
ステージセレクトもできるようになるゾ。

簡単だと書いたが、終盤になってくるとアクションも難しくはなってくる。
上級者でもやりごたえはあるだろう。
クリア後の要素もそれなりにあり、飽きさせない作りになっていると思う。

ゲームの評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 05/10
オススメ度 ★★★★★☆☆☆☆☆ 05/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
スタフィーは無事テンカイに帰れるのか!?
中古GBAソフト伝説のスタフィー (箱説なし)

正直…いらないと思う。
中古ゲーム攻略本GBA 伝説のスタフィー 任天堂公式ガイドブック

マンガも読めば世界観に浸れる…!?
中古少年コミック伝説のスタフィー(1) / 須藤ゆみこ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする