マリオゴルフ64


レビューNo 0038
メディア ニンテンドー64
発売日 1999年6月11日
開発元 キャメロット
発売元 任天堂

※動画は音が出ます※
任天堂からのゴルフゲームはファミコンがでた当初からあり、
その後ディスクシステムからも、マリオを題材したゴルフゲームが存在している。
今作はその系統を受け継ぐ作品だ。3Dポリゴンをフルに生かしたゲームで、
処理落ちもなくダイナミックな所が魅力なゲームである。
そして、マリオゴルフGBと連携して楽しめるので一通り揃ってるとイイ。

マリオゴルフといっても最初からはマリオは登場しない
マリオゴルフGBと同じくマリオはゴルフの達人として存在している。
キャラクターはオリジナルキャラとマリオファミリーの半々である。

ゲームモードはタイマン勝負のマッチプレイ、大勢でスコアを競い合うトーナメント、
あとミニゲームのスピードゴルフ、パターゴルフ、リングショット、
好きなコースを選べる練習モードがある。

キャラクター解禁の大半はマッチプレイ
なのでGBのキャラを転送して使わないなら、
まずこのモードから攻略する事になるかな。デフォルトでいるキャラは弱いし。
最初は弱いキャラとの対戦でポンポン進むかもしれないが、
ワリオは強い。まじで。
ワリオはパワー系でコントロールが悪いキャラなのだが、
COMのインチキじみた正確さでビタ止めでストロークを決めてくる。
なのでバーディは当たり前でイーグルもそつなくこなしてくるのだ。
バトルコースはこちらで決められるので簡単なコースは避けた方がいいのかなー。
でも難しいとこだとコチラもきついんだよなぁ。

パターゴルフはその名の通りパターで攻略する。
壁だらけのぐにゃぐにゃしたコースを2打以内にカップに入れる。
高低差もあったりとラインを読むのはかなり難しい。

リングショットはコースに浮いているリングにボールを通しつつ攻略する。
リングの場所は嫌らしい場所に設置されており、一筋縄ではいかない。
パーをとるとクリアとなる。

トーナメントは18ホール回って、COMとスコアを競い合う。
最初は現実的なコースだが、徐々に非現実的なコースになってくる。
エンディングがみれるテレサクラシックは難関コースのオンパレードである。
僕はエンディングを見るためにGBのキャラをLV90まであげたが…。


結果はダメでした。
はっきり言ってねぇ…風、芝、高低差、それに雨が降っていれば雨を読み、
パワーとコントロールをキッチリ決めるなんて無理ですよ、無理ムリ。
思ったんだが打った時のカメラワークでいろんな角度からの視点になるけど、
それによって風の影響とかが読みづらいだよね。
ゴルフゲームによくあるコースの真上からの視点の方がよかったなぁー。
卑怯だが中断セーブを使ってクリアしました。
ちなみにGBのキャラをつかうと中断セーブはできないので、
64のキャラをつかう必要があるゾ。

おそらく対人戦だと大いに盛り上がると思うが、
COMのほぼ完璧プレイと戦うのはあんまり面白くない。
グラフィックはとても良く、3Dポリゴンもこの時代としてはイイと思うが、
僕はGBの方が好きですね。真上からの視点なのがイイ

オススメ度 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 04/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
四人でワイワイできたらいいのになぁ。
中古ニンテンドウ64ソフトマリオゴルフ64 (箱説なし)

攻略本があれば優勝できるか!?
中古ゲーム攻略本N64 マリオゴルフ64 攻略ガイドブック

GBのキャラを転送するのに必要。
中古ニンテンドウ64ハード64GBパック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする