牧場物語


レビューNo 0025
メディア スーパーファミコン
1996年8月6日
開発元 チームY&M
発売元 パック・イン・ビデオ

牧場運営ができるほのぼのゲーム。
今なおシリーズが続いており、人気タイトルである。
やった事がある人は多いのかな?
相当な数のタイトルが発売されているゾ。

牧場と聞くと僕の場合、酪農を思い浮かべるのだが、
他にも野菜の栽培や、養鶏などができる。
最初は牧草地もなく、この状態では動物を売ってくれないので、
まずは野菜から栽培する事になる。
このゲームでは特定な状況を除き、時間がリアルタイムに流れる
夕方には収穫した物を買い取る人が来るので、
仕事量は十分注意したい。
ちなみに夜になると、時間が一切流れなくなるので、
水やりなどの仕事は、真夜中にやるとイイ。


鶏や牛は、牧草地が十分ないと売ってくれない。
夏が終わるまでには牧草地を用意しておこう。
家畜は放牧ができるが、面倒ならやらなくてもいいそうだ。
秋からは春になるまでは野菜を育てられないので、
卵やミルクが大事な収入源となる。


町のお店では道具、家畜、野菜の種などが買える。
店の規模のわりに売っているものが少ない気がするが。
一年目の夏、20日から有用アイテムのスプリンクラーが買える。
水あげがチョーラクになるので、お金を用意しておこう。
なお、土日祝日は休みなので注意しよう。

そして見逃す事の出来ないのは「結婚
町には相手候補の女性が何人かおり、
好きな子にアプローチする事ができる。
話しかけたり、プレゼントでアピールしよう。
それによって女の子の愛情度が上昇する。


2年半でエンディングとなり、日にちして約300日。
普通、春夏秋冬3ヶ月ずつだが、
このゲームでは1ヶ月ずつなので注意が必要である。

正直、やってて途中から飽きてしまった。
いっぱい作物や家畜を育てたりして頑張ったのだが、
金を稼いでも使い道が全然ないんだよなぁ。
家の改築代なんてすぐ貯まるしね。
2年目の夏には作物の栽培をやめてしまい、
秋にはにわとりの世話もやめてしまった。
一日の仕事量を増やすと、
体力回復のために一々裏山に行って
温泉に入らないといけないし、
あまり仕事を増やしたくないんだよね。


モチベーション高めるためには、
自分なりの目標をもってプレイする事をオススメするゾ。
作物、家畜を限界まで育てるのに挑戦したり、
エンディングまでに300万円貯めるとかね。
エンディングでの牧場マスター度の最高を目指すのもイイでしょう。

とにかく、日々続くルーティンワークを楽しいと思えるかで、
評価が分かれる作品だろう。
イベントがチラホラあるが、ほぼ変わらない毎日。
楽に仕事するのも、自分を追い詰めて、
アクションゲームさながらのプレイをするのも自由である。
この手のゲームは当時はなく、ゲームデザインは荒削りではあるが、
革新的なゲームだと思う。
ただ、初めて牧場物語に触れるなら今作をオススメはしない。
そして、飽きっぽい人も。
最新作の方が何かと練り込まれていいんじゃないかなぁ。(適当)

オススメ度 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
レッツプレイ!!牧場ライフ!!
中古スーパーファミコンソフト牧場物語 (箱説なし)

あると便利。様々な楽しみ方が載ってるゾ!!
中古ゲーム攻略本牧場物語 ハイパーガイドブック

シリーズの中で評価が高い作品。
中古ニンテンドー3DSソフト牧場物語 3つの里の大切な友だち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする