マイティモーフィン パワーレンジャー


レビューNo 0033
メディア スーパーファミコン
発売日 1995年11月24日
開発元 ナツメ
発売元 バンダイ

※動画は音がでます※
同名特撮物のアクションゲーム。
パワーレンジャーとはアメリカの戦隊もので、
戦闘パートは日本の映像を使い、
ドラマパートを現地の人間で作ってる作品らしい。
人気だったようで結構な数のシリーズが出ている。
世界中で放映されているようだが、
日本には逆輸入されて…ないよね?
昨年は映画化もされたようだ。
日本での流通量が少なく、プレミアゲーと化している模様。

ストーリーをば。といいたいとこだが、
説明書もなく、ゲーム中で説明もされないので分かりません。
ゲーム開始のイベントで、空に魔女バンドーラのバストアップが出てくる。
多分ソイツが世界征服を企んでいるので、
5人で阻止しようという感じだと思う。

ジャンルはアクション。
ステージ5まではベルトスクロールアクションであるが、
道中ジャンプアクションを駆使する所もある。
大抵のベルト系とはちょっと変わってて、
奥行きがなく縦軸の移動はないです。

3パートに分かれていて、まずは変身前パート。
ステージ前に5人の中から一人選べる。
誰を選んでも大差はなく、全員リーチが短い
基本的に敵は挟み撃ちで現れてコチラよりリーチが長い
後ろからナイフで力なくブスッと刺されるとイラッてするゾ。
敵はほぼ戦闘員で色違いは多種存在する。
色によって行動パターンも違うようだ。
とにかくコチラが不利なので、挟み撃ちされないように
投げ技やジャンプキックなどを駆使して進もう。

人間パートが終わると唐突にステージボスが現れて、
こちらがレンジャーに変身する。
テーマ曲が流れて燃えてくる場面。
ボスと戦うのかと思いきや、まだお預け。
まだまだ雑魚との戦闘なのだ。面倒くさい。

武器が使えるようになり、コチラのリーチが長くなるため雑魚戦は楽になる。
↑Yボタンでふっとばし攻撃だが、ピンクだけは弓を放つ遠距離攻撃ができる。
変身前でもそうだが、パンチ連打でコンビネーション攻撃となる。
敵を吹っ飛ばせてイイのだが、スキも大きい。
後ろからブスッと刺されないように気をつけなければならない。
なのでコンビネーションにならないよう、ジャブのように攻撃して近づき、
投げてしまうのが安定するような気がするなぁ。
ステージ2変身後からは前述したジャンプアクションも必要になってくるゾ。

そしてボス戦。理不尽という事はないが、ボスは結構強い。
いろいろ攻撃してくるが、ボスが攻撃体勢に入ったときに
コチラがブスッと攻撃すれば、ボスの攻撃を封じる事ができるので、
すばやい攻撃が求められる。
武器で攻撃し、コンビネーションになってもすべての攻撃が当たる事がないのが多々あるので、
爽快感がないが、ペチッ!ペチッ!とチマチマすばやく攻撃するのが安定すると思う。

そしてステージ6からは巨大ロボでの戦い。
戦隊もののツボを押さえていてなかなかヨイ。
よく分からん怪獣と戦いになるが、今までと打って変わって、
ストリートファイターのような対戦となる。
こちらも敵も体力バーが表示されており、
その下に必殺技のゲージがある。
何段階かわけられており、時間でジワジワ増えていく。
MAXまで溜めて使った方がイイでしょう。強いし。
第一段階ぐらいだと弱いんだよね。当たってもほんの少ししか減らない。

最後のステージ7。よく分からんロボとの最終決戦。
一度体力を全部減らしてもパワーアップして復活してくる。なんてインチキ!!
ステージ5までと違い面倒な雑魚戦などなく、
負けてもすぐに再戦できるので、何度もトライすれば攻略法も見えてくるでしょう。

子ども向けの作品だと思うが、難易度が結構高い。
ボス戦より道中の雑魚戦がキツいと思う。
クソゲーという事はないが、あまり高い評価は得られてないでしょう。
オープニングでボーカル入りのテーマソングが流れるのはとてもイイし、
BGM,グラフィックもなかなかだが、爽快感に欠け、やや単調というのが僕の感想です。
戦隊マニアやコレクター以外はスルーしていい作品だと思う。
余談ですが、アメリカでは多くのパワーレンジャーのゲームが発売されたらしい。
「AVGN パワーレンジャー」で検索すると確認できるでしょう。

オススメ度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 03/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
マイティモーフィンってどういう意味なの?人の名前?
中古スーパーファミコンソフトパワーレンジャー マイティ (箱説なし)

シリーズが違うが、DVDとして逆輸入されてるようだ。失礼。
中古特撮DVDPOWER RANGERS S.P.D. DVD – BOX 1

ピンボールゲームにもなってるゾ!!
中古PSソフトパワーレンジャーピンボール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする