1994年一覧

ズールのゆめぼうけん(GG)

謎の多いゲームをば… このソフト…かなりレアな部類のゲームで、 価格相場はちょっとわからない… 駿河屋の箱説付き状態難でなんと8万4千円! これは同じくGGでプレミア価格のGGアレスタを凌ぐ価格。 完品だったら10万を超えるでしょうネ。 当方、フリマアプリのまとめ買いで裸で買ったんだけど、 大体2万ぐらいで買った事になるかな…高すぎるゼ! でも、もう引き返せない…(絶望) GGのソフトを全部集めてみると決めたのサ。 まーでも2万なら安いかもしれん…ゲーム内容に2万の価値はないがね。 で、このソフトはレトロフリークでは動作しないので、 吸い出してエミュでのプレイであります。(^ω^)

ぷよぷよ(GB)

1992年にAC版が登場し、多数の媒体に移植された「ぷよぷよ」 今作はコンシューマでは一番遅く登場したGB版。 ぷよぷよは大人気だったので売り上げも良かっただろうね。 でも僕はこのGB版で初プレイだったらハマらなかっただろう。 ゲームの出来が酷い…っていうワケでもないが、 やり方次第でちょっと別物のぷよぷよだと思う。

サムライスピリッツ(SFC)

昔、近所にこじんまりとしたスーパーマーケットがあってね、 そこにはネオジオの筐体が置いてあり、 サムライスピリッツがあったんだよなぁ。 ゲームが4つ入ってるヤツで、たしか戦国伝承ってゲームも入ってた。 本屋とかにもネオジオ筐体があったんだよねー。懐かしいなー。 和風で剣技を使う格闘アクションは衝撃的で、 スト2や餓狼伝説とはまた違うゲーム。 勝負決着時に負けた相手が真っ二つになる表現は、 ゲームに年齢制限が設けられるきっかけとなった作品かもしれん。