1995年一覧

プリンセスメーカー1(PCESCD)

PCでヒットした育成ゲーム。 PC版の制作は「エヴァゲリオン」や「不思議の海のナディア」を作ったガイナックス。 アニメ制作会社のはずだがゲームも作ってたんだね。知らんかった。 そんなガイナックス、色々ゴタゴタがあるみたいで、 社長がなにやら逮捕されたりと不穏な会社となっている。 過去の栄光にすがらずに面白い革新的なアニメを作って欲しいもんだね。 さて…プリンセスメーカー「1」との事だが、 当時はもう続編の「2」がPCで発売されていたようで、 ほどなくして多数のコンシューマでも2が発売されていたようだ。 最近では3番目にあたる「夢みる妖精」がリメイク…というかリファインらしいが、 PCとSwitchで発売との事で…もしかしたら続編なり新作が登場するのかもしれないなぁ。

ポリスノーツ(3DO)

3DOは松下電機…今のパナソニックから発売されたゲーム機。 同世代にはSS、PS、N64などで、それらよりいち早く登場した。 インタラクティブマルチプレイヤーとの事で… またインタラクティブか…分からんなぁ。 ゲーム機でありつつも家電製品という位置付けであったそうだ。 でも3DOって家電製品として何が出来るんだろう。 音楽CDくらいは再生できるんだろうけど…

スーパーリアル麻雀PV(SS)

つい最近このゲームの攻略法…って検索してみたら、 NSで配信されてたようで…任天堂どうしちゃったの?と驚愕。 脱衣麻雀ですよ?任天堂も守りに入らなくなってきたんじゃなぁと感心したが、 早くも配信停止。なんでもビィチィクゥが見えない様に 神がかり的な白いラインで隠されていたのだが、 とある方法でビィチィクゥを拝見する事ができるとか。 残念ですな。早目にダウンロードした人よかったですな。 まーSS版を買ってプレイすればいいのよ。白いラインもないしね。 …とにかくこのブログにタイトル検索で迷い込んだあなた! 脱衣シーンは記事の終わりまとめといたぜよ!スケベ!

ゆみみみっくすREMIX(SS)

pcエンジンからCD-ROMが登場し、 ゲームソフトは大容量のデータ扱えるようになった。 画像データや音声など使い、まるでアニメを観ているようなゲームも登場。 ゲームの可能性はとても大きく広がっていった。 と、知ったような口振りで始まってますが、 僕はセガサターンからディスクメディアに触れているのでよく知らないだなぁ。 当時の興奮が味わえなかったのは非常に残念なのです。 今作の元はメガCDで発売された作品で、セガサターンに移植されたもの。 メガCD版をYouTubeで見たがそんなに変わってないようだ。

マイティモーフィン
パワーレンジャー(SFC)

同名特撮物のアクションゲーム。 パワーレンジャーとはアメリカの戦隊もので、 戦闘パートは日本の映像を使い、 ドラマパートを現地の人間で作ってる作品らしい。 人気だったようで結構な数のシリーズが出ている。 世界中で放映されているようだが、 日本には逆輸入されて…ないよね? 昨年は映画化もされたようだ。 日本での流通量が少なく、プレミアゲーと化している模様。

聖剣伝説3

スーパーファミコン終期に発売されたソフトで、 アクションとロールプレイングが融合された聖剣シリーズの第三弾。 1995年ではもうすでに次世代機のプレステや、 セガサターンが発売されてる状況だった。 だが、スーファミはまだまだ現役で、 たくさんの名作ソフトが発売されていたみたい。 聖剣はゲームボーイから始まったシリーズで、 最初はファイナルファンタジーの外伝として発売。 その後、スーファミで三人パーティ制の聖剣2が発売され、 かなりの人気を獲得した。 そしてこの聖剣3…スーファミ末期のゲームだけあって、 グラフィック、音楽面はかなりパワーアップしていると思う。

川のぬし釣り2(SFC)

昔、TV東京の番組の「ゲーム王国」で、 見たことがあった記憶があるようなないような…。 RPGと釣りが融合したほのぼのゲーム。 不思議な組み合わせだが、意外にマッチしている。 「川」のぬし釣りとの事だが湖などでも釣りができるゾ。

不思議のダンジョン2
風来のシレン(SFC)

たくさんの中毒者を生み出した不思議のダンジョンシリーズ。 ドラクエ4のキャラであるトルネコを使った事で始まったシリーズだが、 チュンソフトがオリジナルキャラで 世に送り出したのがこの風来のシレンです。 ローグライクなゲーム性はそのままで、世界観は和風に統一。 前作は超えているのだろうか?