ポケットモンスター ルビー(GBA)


記事No 0125
メディア ゲームボーイアドバンス
発売日 2002年11月21日
開発元 ゲームフリーク
発売元 任天堂

ひさびさのポケモン…7、8年振りだろうか。
一時期けっこうハマってて、図鑑完成させたりと熱中したなぁ。
現在に至るまでコンスタントにリリースされているポケモン。
ストーリーが繋がっているワケではないが、過去作からプレイしてみる。
とはいえ、赤緑からプレイするのもなんだし、
ポケモンの真の土台を作り上げたルビーサファイアからやるのがイイかなと。
いまはSwitchでダイパリメイクがリリースされているが、
よく詳しくは知らんがGBAからダイパリメイクまでポケモンを運ぶ事が可能?なのかな…?
20年くらい前のゲームで押入れ深くに眠ったマイポケモンを、
現在に転生する事ができるかもね。

ジャンルはRPGでプレイヤーの分身たる主人公は戦闘するわけではなく、
ポケモンと呼ばれるモンスター同士を戦わせる。
ポケモンは冒険の初めに一匹もらえて、その後は野生のポケモンを捕まえたり、
捕まえたポケモンを通信で交換したりでどんどん増やしていく。
パーティは6匹で構成してダブルバトルの例外を除き、
戦闘に出すのは一匹ずつでお互いコマンドを選択するターンバトル。
出したポケモン不利な場合などがあったりするなら、
1ターン使って手持ちのポケモンと交換するのもありだ。
ポケモンには水、炎、毒など17のタイプがあり、それによって相手との相性が変わってくる。
例えば炎は水に弱く、水は電気に弱いとかね。
2タイプが複合しているのもいて…まあいろいろなタイプがいるってこった。
複合で弱点、耐性も変わるのでタイプ相性表などを見ながらじゃないとプレイしにくい。
各自ポケモンのコマンドは最大4つ。ポケモンの成長で技を覚えていく。取捨選択。
技には上述したタイプがあり複合はない。
大体はポケモンのタイプと同じ技タイプを覚えていく事が多い。
タイプ一致だとダメ1.5倍なので一致技がメインではある。
弱点を突けば2倍、複合で4倍になる事もある。
防御耐性があれば0.5倍…0.25倍とダメージは格段に落ちる。
できれば弱点を突いて倒していくのが基本戦術だ。その方がテンポイイね。
技マシンなるもので技を覚えさせる事もできる。
覚えられるかどうかはポケモン毎に違うが、
それによって対戦の不相性さがいくらか解消される事もある。
ちな、この時代では技マシンは使い捨て。秘伝技マシンは何度も使える。
技マシンは一品物があるので覚えさせるかは悩ましい。
現在作からのプレイの人は気をつけよう。

ポケモンバトルだが道中たくさん出会うトレーナー戦は初手のポケモンは事前情報がないと何を出すかは分からん。
ただ、初手のポケモンを倒した後は次になんのポケモンを出すか教えてくれるので、
相性のイイポケモン…いなければ善戦できるヤツを出したい。
だが、経験値は敵ポケモン1匹毎に精算。
戦闘に出していないポケモンは貰えないのだ。
学習装置というアイテムを持たせておけば分配されてもらえるゾ。

物語は最初にポケモンをもらってから各地のジムリーダーを倒してバッジを集め、
なんだか悪いヤツらのマグマ団を野望をついでに阻止するために世界を回る。
最終的にはポケモンリーグの四天王を倒して自分の実力を示し、
ラスボス打ち破るのが目標だ。
…と、いろいろ書いたがポケモンは毎回いつもこんな調子。
前作との細かな違いがあるが過去作を楽しめた人はすんなり入ってけるね。

秘伝技を覚えさせる事は、物語進行上無くてはならない。
「いあいぎり」で木を切ったり、「なみのり」で水の上を移動する必要がある。
なみのりは実用的な技であるが、いあいぎりはあんまりダメージはない。
ここは1匹秘伝技要員をパーティに入れた方がよいかと。
ゲーム序盤から出てくるジグザグマは秘伝技4つも覚えられるので有用。
あと、この作品の舞台は水場が多い上、水系の秘伝技が3つもある。
なので必ず水系は入れた方がいいだろう。
あと「そらをとぶ」のために飛行系も入れとかなきゃならんね。
強制ではないがないと移動がかなり不便である。
あと、パーティ編成は最終ボスを見越して考えよう。
最後は6匹中「はがね」タイプが3匹で他3匹も耐久力高めの編成だ。
特にゲーム中通信以外ではクリア後でしか手に入らないメタグロスがヤバい。
LV58と高めでエスパーはがねの複合タイプだ。いわゆる種族値600族。
弱点は「ほのお」と「じめん」であるが、
炎の技はこの時代、ダメージに「とくこう」で計算される。
地面は「こうげき」で計算。メタグロスは「ぼうぎょ」が以上に高く、
地面では押し切れない事もある。
「とくぼう」の方が低いので炎で攻めた方がイイが、
だが炎の場合、地面技の「じしん」を放ってくるので注意だ。
炎は地面が弱点でタイプ一致技ではないが持ち前の攻撃力で粉砕される。
伝説ポケモンクラスに強いので対策必須である。
ちな、通信対戦でも人気のポケモンだったらしく、
当時はスタメンに入れてた人も多いのではなかろうかねぇ。

感想をばッ!
テンポ良く進むストーリー、ポケモンの愛らしさや、
適度な難易度など僕の評価は高い。安定した面白さ。
前作の金銀と比べると新しいポケモンが多いかな?
新しいポケモンも魅力的で味わい深い。
前作とはもう通信はできないが、
条件付きで面倒ではあるが次作の赤緑リメイクからつれてくる事ができる。
金銀のポケモンも登場し連れてこれるので、
登場ポケモンは総数約380匹と非常に多いのも魅力だ。
多いのはイイんだが、通信交換などでちまちま図鑑を埋めるのは今の時代は面倒だね。
あと、1人でGBA1台とソフト1つでは限界がある。
GBA2台とソフトがバージョン違いで2つ、GBAの赤緑リメイク、そしてGCソフトのポケモンボックスがあると図鑑埋めは捗るはずだ…あとGCのポケモンコロシアム、ポケモンXDが、
ホウオウ、ルギアのために必要と…敷居は高い…高すぎる。
完璧主義でもない限り図鑑埋めは諦めた方が健康にいいだろう。
通信による対人戦は…ノータッチ。対戦した事ないんで(^^)
最高の個体値のポケモンをゲットするためには厳選が不可欠で廃人コースらしい。
もう人生をポケモンに捧げるレベルじゃないとスタートラインに立てないかも。
もうちょっとカジュアルに楽しめればイイんだけど…
最近のポケモンは厳選がラクになってるそうな…イイね。
あと、上述したがラスボスがかなり強くLV58メタグロスってのはこの時点でかなり高い。
順調にいけばこちらのポケモンのレベルが40台くらい。
「強さ」の演出として納得はできるが、このレベル差は戦術では埋まらん。
なのでレベル上げは必要不可欠だ。ちょっと不満点。
レベル上げはインタビュアーと3カ所グルグル回って対戦。
何度も戦えるので利用させていただいた。2、3時間はやったかな。
LV60まで上げてクリア…やったゼ(^_^)

という事で…ほとんどのポケモンを集めてあるクリアデータのロムがあったので、
それで好きなポケモンで冒険する事ができたから楽しいね。
このソフトには完全版といえるエメラルドが存在するのだが、
値段が高騰しておる…箱説なしで4000〜5000円くらいか。
ルビーサファイアはそれほど高くない。
ま、いろいろと細かい所気にしないならルビーサファイアで楽しむのイイだろう。

ゲームの評価 ★★★★★★★★★★ 10/10
オススメ度  ★★★★★★★★★★ 10/10

Amazonの商品紹介
ちな、電池交換しないと時計機能に関する事はできないヨ。
ポケットモンスター ルビー

リメイク作品。これももう8年前なんだなぁ…
ポケットモンスター オメガルビー – 3DS

かわいいフィギュア!ファンなら買いダネ!
ARTFX J 『ポケットモンスター』シリーズ ハルカ with アチャモ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品 フィギュア PP962

駿河屋の商品紹介
もしかしら配信ポケモンが入ってるロムだったりして…
GBAソフトポケットモンスター ルビー (箱説なし)

漫画。表紙はピッピか…ていうかピッピみかけなかったな…
少年コミックポケットモンスター ルビー・サファイア(1) / 穴久保幸作

あると便利。
NGCソフトポケモンボックス ルビー&サファイア