バテンカイトス 終わらない翼と失われた海


レビューNo 0013
メディア ゲームキューブ
発売日 2003年12月5日
販売元 ナムコ
開発元 モノリスソフト
トライクレッシェンド

バテンカイトスはナムコから発売された作品で、
完全新作タイトルである。
ナムコのRPGと言えば「テイルズ オブ」シリーズが有名だが、
ゲーム中の曲の作曲者が同じな為、テイルズと雰囲気が似ている。
重厚な世界観と、特徴あるキャラクターデザイン、
そして「マグナス」というカードを使ったバトルが魅力の作品である。

ストーリーをば。
BKの世界では海と大地が伝説のものとなっており、
人々は空に浮かんだ様々な大陸の上で生活している。
そして、人々の背中には「こころのつばさ」の羽が生えている。
主人公である「カラス」はサダルスウドの月騙しの森で、
モンスターに襲われて倒れている所を助けられて、
近くの村「ケバルライ」で目を覚ます。
すると、カラスに憑いている精霊(プレイヤー)は記憶を失っていていた。
カラスはまた、月騙しの森に行こうとプレイヤーを誘ってくるので
ついて行くと、そこには「シェラ」という少女がいた…。

戦闘では、「マグナス」と呼ばれるカードを出して敵と戦う。
デッキは自分で構築し、バトル中画面下部に出ているカードから、
一枚ずつ選んで行動していく。
カードにはトランプの数字のように数が書いてあるが、
数字をならべたり(5,5,5とか、5,6,7)することによってプライズが発生し、
与えるダメージを増やす事ができる。
序盤では一回の攻撃に出せるカードは少ないため微々たるものである。
なのでプライズをねらうよりは弱点属性を突く攻撃がいいでしょう。
終盤はカード9枚もだせて2倍、3倍にダメージが膨れ上がるので、
積極的にプライズを狙ったほうがいいでしょう。

カラス
序盤は性格の印象悪かったんだよな~。段々良くなってくるけど。
攻撃、素早さ、体力面すべて優れており、
主人公なだけあって戦闘のかなめとなるキャラクターである。
カラスのマグナスは、無属性を含むすべての属性のマグナスが揃っていて、
いかなる場面でも活躍できるでしょう。
そして、防御面でも、攻撃マグナスを防御マグナスとして使えるので、
カラスのデッキは、超攻撃重視でいいと思うゾ。

シェラ
心優しき女性で今作のヒロイン。
素早さが突出して優れているのが特徴。
専用の攻撃マグナスはすべて属性付きで、
相手の弱点を突きやすい。
防御面では、あまり攻撃マグナスばかりのデッキを組むと、
敵から攻撃を受ける時、
防御マグナスを出せず一方的に攻撃を喰らいダウン…
という事がありますので、
カラスよりも防御マグナスを入れたほうがいいと思うなあ。

ギバリ
兄貴肌。年長者だけあって冒険で頼りになる。
攻撃、体力面に優れているが、素早さが若干遅い。
敵に先手を取られると、戦闘が長引いてしまいテンポも悪くなるので、
装備マグナスは素早さ重視にしたほうがいいかと。
攻撃マグナスはカラスのマグナスと似ていますので、
カラスと同じ扱い方でいいかも。

リュード
正体はネタバレになるので割愛。
ステータス面ではこれといって特徴はありません。
攻撃マグナスは無属性と光、闇属性に特化している。
攻略本では光か闇どちらかを
重視したデッキを構築したほうがいいと書いてありましたが、
なかなかリュードの攻撃マグナスが揃わなかったため、
あまり活躍する事はありませんでした。

サヴィナ
正体はネタバレになるので割愛。
ステータス面では若干素早いかな。
攻撃マグナスはリュードに似ていて、
無属性と火、水属性に特化したタイプである。
攻撃マグナスを入手する機会が多かったため、
リュードよりも活躍する事が多かった。
あと戦闘時、攻撃マグナスを選択する猶予が短いのかな?
なんだか早く感じて焦る事が多々あるんだよなぁ。

ミズチ
仮面を付けた謎のキャラクター。
ステータス面はやや硬いというくらいで平凡である。
攻撃マグナスはシェラと一緒のマグナスで、
シェラを使っていると出番はあまりなかったりする。
二人共通のマグナスという事だからか、
攻撃マグナスを入手する機会は多かったです。

レベルアップについて
BKでのLVUPは敵を倒して経験値を稼ぎ、
ウィザードリィと同じような感じで、
セーブポイントからいける謎の大聖堂みたいなところで上がります。
特殊なのはこまめにLVUPするより、
まとめてLVUPする方がステータスがよく伸びるという事です。
最大で10LVUPみたいなので、ちょっとだけ検証してみました。↓

終盤のストーリー展開は要必見。
最初は何故、月騙しの森にカラスがいたのか、
そしてシェラもいたのか、
RPG特有の都合のいい出会いだと思いあまり深く考えなかった。
終盤になるにつれて謎が解明されていき、
エンディングでも驚く展開があってとてもよかった。

PS2などに移植されなかったので、
セールス的には今ひとつだったのだろうか?
まあ、続編も出てるのでよかったのかもしれません。
感想ですが、カードバトルという事でしょうがないかもしれないけど、
もう少しバトルのテンポがよければなと思った。
声優の演技はよかったです。あと、音楽も。
クリアしましたが、マグナス集めなどやり残した事があるので、
またプレイしたいと思うね。
クリアまでの時間は60時間ほどでした。

オススメ度 ★★★★★☆☆☆☆☆ 05/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
カードゲームが好きな人はハマるでしょう。
中古NGCソフトバテン・カイトス~終わらない翼と失われた海~

良曲多数!!桜庭統氏の音楽は必聴!!
中古CDアルバムバテンカイトス~終わらない翼と失われた海~ オリジナルサウンドトラック

プレミア価格の小説版!!
中古ライトノベル(文庫)バテン・カイトス 真実の破壊と約束の嘘 / 工藤治

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする