PCエンジン一覧

プリンセスメーカー1(PCESCD)

PCでヒットした育成ゲーム。 PC版の制作は「エヴァゲリオン」や「不思議の海のナディア」を作ったガイナックス。 アニメ制作会社のはずだがゲームも作ってたんだね。知らんかった。 そんなガイナックス、色々ゴタゴタがあるみたいで、 社長がなにやら逮捕されたりと不穏な会社となっている。 過去の栄光にすがらずに面白い革新的なアニメを作って欲しいもんだね。 さて…プリンセスメーカー「1」との事だが、 当時はもう続編の「2」がPCで発売されていたようで、 ほどなくして多数のコンシューマでも2が発売されていたようだ。 最近では3番目にあたる「夢みる妖精」がリメイク…というかリファインらしいが、 PCとSwitchで発売との事で…もしかしたら続編なり新作が登場するのかもしれないなぁ。

R-TYPE I(PCE)

ACで人気だったR-TYPE。 ACでの興奮を家庭でも味わえるという事で、 当時は大いに期待された事だろう。 その期待を裏切る事なく、多くのユーザーを魅了したそうだ。 PCEの性能をフルに活かした今作だが、 頑張りすぎたのか?R-TYPE全部を収めるには容量が足りず、 前半、後半に分割されて発売された。

PC原人(PCE)

原始時代を背景にしたゲーム。 あまりそういう設定のゲームは類を見なかったが、 僕が知ってるかぎり、「戦え原始人」や「ジャングルウォーズ」などがある。 PCげんじん…PCエンジンのダジャレのようだ。 人気作だったのだろうか、PCE以外にも他機種でシリーズが展開されている。

イースI・II(PCECD)

イース…現在でもタイトルがリリースされており、 人気シリーズで、ファルコムに看板タイトルでもあるが、 今にいたるまで触れたことはなかったんだよね。 でも、むかーし友達がスーファミのイース3を持っていたのを記憶していて、 なんとなくイースを知ってはいたんだよなぁ。 巷ではなんだかそのイース3は評判悪いそうだ。 今作は1と2のカップリングであるが、2から先にプレイする事はできないゾ。 1をクリアし、2になると金と装備品が没収される。なんでだ?

ドラゴンスレイヤー
英雄伝説(PCESCD)

SUPER CD-ROM2の登場と同時期に発売された今作。 もともとはパソコンで発売されたタイトルだが、 CDの大容量を生かし、ビジュアルやボイスが強化されたものになっている。 今だに続いている英雄伝説シリーズだが、 もともとはドラゴンスレイヤーシリーズの一つでしかなかったらしいね。 ドラスレシリーズの6作目にあたるそうだ。 日本ファルコムの作品だが、開発と販売はPCE版イースシリーズを移植し、 高評価を得たハドソンが担当している。