ゼルダの伝説 神々のトライフォース


レビューNo 0018
メディア スーパーファミコン
発売日 1991年11月21日
販売元 任天堂
開発元 任天堂

ゼルダシリーズ3作目にあたる作品。
発売されたのはスーパーファミコンが登場してちょうど一年後。
日本だけで116万本も売り上げており、
スーファミの人気を後押しするかのようなソフトだったと思う。
テレビCMもすごいやってて、
子供の時すごく欲しかったのを覚えている。
まあ、その時ウチにスーファミはなかったんだが…。

嵐吹き荒れる夜、寝ているリンクに助けを求めるゼルダの声が聞こえる。
目を覚ますと、一緒にいたおじさんにも聞こえたらしく、
リンクをおいて出て行ってしまう。
家を出るなと言われたリンクだが、
後を追い、城の地下牢にいるゼルダのもとへ向かう…。

画面はトップビューで、初代ゼルダと同じ。
一画面毎に画面が切り替わっていたが、
今作では、フロアが大きかったりする。
操作するボタンが増えた事で、
剣はBボタン固定、Aでダッシュ、岩を持ち上げるなど、
Yボタンでアイテム使用となっている。
ボタンが増えた事で、リンクのアクション操作がしやすくなってると思う。

マップは広く、表と裏の世界往き来する冒険ダ。
クリアに関係ない寄り道など多数用意されている。
新しいアイテムを手に入れたら、世界を探索してみよう。

世界中にハートのかけらが隠されていて、
四つ集めればハートが一つ増える。
なかには非常に見つけにくいものもあるので、
それを探すのも一興である。


攻略するダンジョンは、全体マップに番号が振られている。
番号通りに進めばいいが、
一部順番を変えて攻略する事も可能ではある。
ダンジョンの攻略は過去のゼルダに比べれば、
簡単な方ではある。
ていうか、過去が難し過ぎたんだよなぁ。

名作中の名作。
グラフィックはスーファミらしくカラフル。
躍動感溢れるBGM。
ファミコンからの進化を感じずにはいられない作品だと思う。
難易度も甘すぎず辛すぎずで万人にオススメできるゲームである。

オススメ度 ★★★★★★★★★★ 10/10

駿河屋の商品紹介
超オススメ!!やらないのはもったいない!!
中古スーパーファミコンソフトゼルダの伝説 神々のトライフォース (箱説なし)

GBA版もあるぜよ!!
中古GBAソフトゼルダの伝説~神々のトライフォース&4つの剣~ (箱説なし)

クッソ高いCD!!買う人いるのか??
中古アニメ系CDゼルダの伝説 サウンド&ドラマ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする