ダライアス2(MD)


レビューNo 0044
メディア メガドライブ
発売日 1990年12月20日
開発元 ナツメ
販売元 タイトー

アーケードで人気を博したダライアス2。
2画面筐体を生かし、横にながーい画面だったそうだが、
僕は見たことない。ちびっ子だったからね、しょうがない。
Wikiによると3画面のヤツもあったそうだ。ホソナガー!!
このソフトは小学生の頃買ってもらい、たくさんプレイした記憶がある。
小学生当時でもクリア出来たんだよね。だから難易度はそんなに高くない。
でも、大人になってからPS2のタイトーメモリーズでアーケード版をプレイしたのだが、
ダライアスの高難易度を痛感したのだった…。

ストーリーをば。
かつて高度な文明を誇ったダライアス星は滅びてしまった。
プロコティアットの二人はダライアス星を脱出し、新天地を求めて、
惑星オルガで新天地を築いた。
数千年後、プロコとティアットの子孫は銀河系から発信されている怪電波をキャッチ。
その怪電波は、なんと昔祖先の暮らしていたダライアス星人からのSOSだった。
怪電波の正体をつきとめた彼らは、早速強力に改造された「シルバーホーク」に乗り込み銀河系に向かって出発。
ダライアス星人の危機を救うため、銀河系の惑星上で、そして宇宙空間でと、厳しい戦いを続けていく…。
(説明書より抜粋)

ジャンルはシューティングで、オーソドックスな横スクロール。
アーケードでは二人プレイできたが、今作ではできない。しょうがないね。
パワーアップは特別な戦隊を全部倒すと落とす。
ショット、ミサイル、レーザーの三種類とバリアがある。
武器は六段階くらいだろうか、ちょっとワカランがそれくらい。
オプションで自機を2Pにすると、武器が一段階上がった状態でプレイできるゾ。
バリアは三種類あり、ステージが進んでいくと耐久力の高いバリアに変わっていく。
ミスするとその場で復活するが、装備は初期装備に戻ってしまう。
ステージ道中では中ボスがいて行く手を阻んでくる。
倒さなくてもそのうちいなくなるので、ミス後の装備が整ってない時などは無視しても構わないゾ。

大ボスは中ボスもそうだが、海洋生物をモチーフにしている。
大ボス戦はボスの向きによって自機の向きも変わる。
左右の向きが変わるので、妙なやりづらさがある。
一面ボスから体験するので、ここで慣れておこう。

ステージは枝分かれになっており、最初のステージは同じだが、
2つにわかれたステージを自由に選択できる。
一度エンディング見ても、また違うコースを通ってプレイする事ができるのだ。
そして、エンディングはマルチになっていた気がする。
たしか夢落ちみたいなエンディングもあったなぁ。

あと忘れてはならないのが音楽。ZUNTATAの小倉氏による音楽はどこか幻想的でゲームに引き込まれる。
ラストステージは音楽と演出が合わさって最高に素晴らしいゾ。

少しだけマイナスポイントをピックアップする。
もともと二画面のものを一画面に移植しているため、少々攻略にムリが生じてる。
一部のボスはノーダメージが非常に難しいだろう。
僕はリーダインとカニのボスが強いと思う。
画面が狭すぎるんだよね。画面の広さを生かしたボスなので、
この辺は移植にあたって改良をして欲しかったと思う。

メガドライブにはシューティングゲームが多いが、
今作はその中でも秀作と言えるだろう。
アーケードよりボスが理不尽に強いヤツもいるが、
ステージ道中はアーケードより簡単である。
近いうち、switchでダライアス2の移植が発売されるようです。
アーケードの移植のようだが、特装版ではメガドラ版も収録されるそうだ。
メガドライブ版でプレイするのもイイと思うゾ。

ゲームの評価 ★★★★★★★★★☆ 09/10
オススメ度 ★★★★★★★☆☆☆ 07/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
ダライアス星の危機。キミがやらねば誰がやる!?
中古メガドライブソフトダライアスII

ダライアスのプラモデル!!
中古プラモデル1/60 レジェンドシルバーホークバースト 「ダライアスバースト」 [PP002]

ZUNTATAのライブCD!プレミア!!
中古アニメ系CDZUNTATA LIVE -G.S.M.TAITO-