神巫女 -カミコ-(Switch)

 
記事No 0101
メディア ニンテンドースイッチ
発売日 2020年6月11日
開発元 スキップモア,エスカドラ
発売元 フライハイワークス

前回、ゼルダシリーズをプレイしたので、
似たようなゲームって事で…このカミコ…
B-SIDE GAMESで購入したんだけど、
スペシャルセットで5700円と高価。
あんまり調べないで買っちゃったんだが、
オリジナルのDL版が500円。
…んーん…ちと高かったです。
キーホルダー三種とサントラなどおまけも付いているがね。
でも、後でプレミアがつくかもしれん。
なので有意義な投資と納得しよう。

ストーリーをば。
巫女がかくり世に召喚された。
うつし世とかくり世を繋ぐ幽現の門が、天魔らによって封じられたからだ。
このままではうつし世は天魔によって支配され、人類が滅んでしまう。
巫女はその強い力を見込まれ天魔を討つ「神器」を授かる。
巫女は「神巫女」となり天魔に封印された幽現の門を解き放つためうつし世に向かう…

ジャンルはアクションアドベンチャーかな?
でも、そんなにアドベンチャー要素は強くない。
見下ろしタイプのゼルダチックな感じで、
ステージ4つをクリアしていく。
各ステージは初見で15分くらいか…
なので順調にいけば1時間ぐらいでエンディングとなる。短い。
元は500円のゲームだからね、仕方ないね。
ステージには鍵やスイッチのギミックなどがあり、
それらを解いていき、魔に封印された鳥居を解放していく。
さほど難しいギミックなどはないが、まーステージが進む毎にちょっぴり複雑にはなる。
鳥居は4つあり、全て解放すると鳥居の中心の光からボスとの戦場に行ける。
箱を開けたり鳥居の解放には「SP」を使用する。
SPは…霊力とかそういうのかな?
敵を倒していくと貯める事ができる。
敵はわんさかでるので、まー貯めるのには苦労しない。

最初に操作キャラを3人の中から選べる。
途中で変更はできず、データは3人独立している。
剣での素早い攻撃ができる「ヤマト」
弓による遠距離攻撃ができる「ウズメ」
神器をブーメランのように飛ばしつつ、短剣での攻撃ができる「ヒノメ」
3人ともSPを使用したスペシャル攻撃を繰り出す事ができる。
大勢の敵に囲まれた時なんかに使うと爽快感がある。
誰を選んでもステージ、ストーリーに変化はないゾ。

ドットで描かれたビジュアルは美しい。
レトロゲーマーには懐かしく感じるだろう。
この手のゲームで「和風」なのも新鮮に感じる。
最近多いよね、特にインディーゲームは2D回帰みたいな傾向が結構ある。
ゲーム開発の事はよく分からんが、製作費が安くすむのかもしれんなー。

という事で…5700円の価値はゲームにはないが、
良曲が多いのでサウンドトラックが付いているのは良かった。
でも後悔は…ちょっとしてる。まさか500円のゲームだとは思わなんだ。
DL版は結構売れたゲームらしく、2018年には20万DL突破したとかなんとか…
腰を据えずサクッとプレイ出来るので、
深く考えず軽くプレイしたい人にオススメだ。

ゲームの評価 ★★★★★★★☆☆☆ 07/10
オススメ度  ★★★★★★★★★☆ 09/10

サンプル動画です。
3つのステージで各使用キャラを変えてます。

駿河屋の商品紹介
サントラがプレミアついてる…
アニメ系CD神巫女 -カミコ- オリジナルサウンドトラック