サムライスピリッツ(SFC)


記事No 0056
メディア スーパーファミコン
発売日 1994年9月22日
開発元 タカラ?じゃないよなぁ
発売元 タカラ

昔、近所にこじんまりとしたスーパーマーケットがあってね、
そこにはネオジオの筐体が置いてあり、
サムライスピリッツがあったんだよなぁ。
ゲームが4つ入ってるヤツで、たしか戦国伝承ってゲームも入ってた。
本屋とかにもネオジオ筐体があったんだよねー。懐かしいなー。
和風で剣技を使う格闘アクションは衝撃的で、
スト2や餓狼伝説とはまた違うゲーム。
勝負決着時に負けた相手が真っ二つになる表現は、
ゲームに年齢制限が設けられるきっかけとなった作品かもしれん。

ストーリーをば。
時は1788年、世界では異変が各地で起き、
人々は混乱し、不安と絶望の中にいた。
そんな中、徳川幕府によって殺された天草史郎時貞は、暗黒の力を得て蘇る。
天草は邪悪な力をもって、世界を破滅させようとしていた。
それでも戦う者達がいた。彼らは信念、目的も違っていたが、
災厄の中心に集まり、天草に立ち向かうことになる…。

ジャンルは2D格闘アクション。対戦もできる。
ネオジオからSFCへの移植なので、移植度はご容赦する。
まず、キャラクターは一回り小さくなっており、
対戦中の拡大縮小も無くなっている。
なので迫力に欠けるかもしれん。
そして、残酷な演出はカットされている。まーしょうがない。
操作感はどうだろう…。
同じタカラ移植の餓狼伝説シリーズと比べれば上々でしょー。
さほどオリジナルと差異はないんじゃないかな(適当)
あと裏技でラスボスの天草四郎時貞を使用できる。
だけど、1Pプレイでは使用できず、2P対戦時とライセンスプレイだけであるゾ。

サムライスピリッツの魅力とは…一撃の重さである。
攻撃は大中小の斬りと大中小の足技がある。
メインは斬りなので、足技はリーチも短く使いにくさもあるが、
多分技の出るスピードが速いんじゃないかな。
斬り攻撃の「大」は攻撃力が凄まじく、
一撃で体力の三分の一以上奪う事もある。
この一撃の重さが爽快感を生み出している。
そして、怒りゲージというのがあり、
ゲージはダメージを受ける事によって上昇する。
ゲージが溜まっていくと、溜まった方のキャラの攻撃力が上がるのだ。
最大まで溜まった状態での大斬りは破壊力抜群。
溜まった状態での攻防の駆け引きは、
心臓にくるようなドキドキを生み出しているゾ。

各自、必殺技も搭載されているのだが、
基本的に使えない技が多いと思う。
主人公、覇王丸で診てみると必殺技が2つあり、
飛び道具の旋風烈斬と対空用の弧月斬がある。
飛ばせて落とす作戦ができそうなラインナップだが、
旋風烈斬は出るスピードも遅く、技発生後の隙もデカいため、
非常に使いにくいのだ。
弧月斬も当たりが悪いとダウンも奪えないため、
こちらも隙が大きいときた。
覇王丸に限らず、まー必殺技の使えないキャラが多い。
通常技が強いゲームなので、
それによる差し合いを楽しむゲームなんだろう。

ラスボス…天草四郎時貞君…強すぎィないか?
SNKゲーム特有のクッソ超反応で行動してくる。
天草は剣を持たず、変なデカい水晶玉みたなのが武器。
最初はあまり攻撃的ではなく、落ち着いているのだが、
こちら一勝すると、演出と共に攻撃的なモードとなる。
超反応なのがキツいが、
それが仇となり上手くパターンを見つければ勝機があるのかもしれない。

アーケード版の登場から約1年後に発売されたモノだが、
ライバルのメガドラ版よりはよくできているのかも知れない。
アーケード版だけど、
ニコニコ動画にアップされてる対戦動画を観ると面白いね。
上手い人同士の対戦はスポーツ観戦のようでドキドキさせてくれる。
なにやらサムスピの最新作がでるようだね。
2019年6月に発売とか…。
僕は観戦するので十分だね。熟練者にはついていけんぜよ…。

ゲームの評価 ★★★★★☆☆☆☆☆ 05/10
オススメ度  ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 02/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
武士道トハ、死ヌコトト見ツケタリ。
スーパーファミコンソフトサムライスピリッツ(ACG) (箱説なし)

NEOGEOロムヲ、見ツケタリ。
ネオジオROMソフトサムライスピリッツ(ROMカセット)

ゴホッ…ゴホッ……。
フィギュア[初回特典付き] 橘右京 「サムライスピリッツ 天下一剣客伝」 1/8 塗装済み完成品