LEGO ムービー ザ・ゲーム(WiiU)


記事No 0081
メディア WiiU
発売日 2014年11月6日
開発元 TT Games
販売元 ワーナー・ブラザース

レゴの映画を題材にしたゲーム。
PS2の頃からレゴのゲームが出始めた気がするなー。
CG技術が向上して、
ゲーム内にレゴワールドが構築できるようになったんでしょー。
現実のレゴって高いんだよね。
子どもの時は大きいお城とか欲しかったんだけど、
大人になってみて買ってくれなかった理由がよく分かるゼ。

ストーリーをば。
レゴで出来た世界「レゴワールド」
魔法使いウィトルウィウスの城に危機が押し寄せてきていた。
ウィトルウィウスはマスター・ビルダーたちの自由を奪う世界最強の武器・スパボンを隠していたから、
おしごと大王がスパボンを奪いに来たのだった。
ウィトルウィウスの抵抗はむなしくレーザー攻撃を受け、
視力を奪われ、スパボンはおしごと大王の手に渡った。
しかし彼は、
いつしか黄色い顔の若者の選ばれし者が奇跡のパーツを見付け出し、
世界を救うであろうと予言した。
(映画のWikiより抜粋)
スパボンとはスーパーボンドの事である。
映画でも略称で呼んでいるのでちょっと解りづらかったゾ。
奇跡のパーツとは…ナイショ(^^)
でも奇跡のパーツも説明はされないな。
ちなみにWikiを読むと例によってストーリーが全てネタバレしているので、
気にする人は観ないほうがイイでしょう。

ジャンルはアクション。映画に登場するキャラクター達を操り攻略していく。
ステージ数は16。プロローグ以外のステージはクリア後に何度もプレイする事ができる。
ステージは映画のシーンを使って上手くゲーム化している。
ステージ中は操作するキャラによって能力が違い、
複数のキャラをチェンジし仕掛けを解いていく。
道中には収集要素があるゾ。
レゴのコイン的なもの…なんか小さいブロックを一定数集めると
「選ばれし者」となり、そのステージのブロック収集は達成となる。
銀、金、青と…紫もあるのかな?青はポイントが高いようだ。
まー意識して集めれば達成は簡単ではある。
あとはゴールドマニュアル。各ステージに5つあるのだが、
大体は隠されているので見つけるのはちょっと大変。
初回プレイでは集まらないのがほとんどである。
このゲームはステージが進む事に操作できるキャラが増えていき、
特殊な能力が使えるキャラがどんどん増えていく。
それらの能力が必要だったりするので、
マニュアル集めはエンディング後に行うのが良いゾ。

キャラ紹介をちょっとだけ、ば。
主役であるエメットはなんの変哲もないブロックシティの住人。
建設作業員で、マニュアルをよく読みマニュアル通りの生き方をする。
ただ、ブロックシティでは大体の人がマニュアル人間で、
別にエメットが浮いてるワケではない。これが普通なのだ。
仕事帰りにひょんなことから怪しい穴に落ち、
奇跡のパーツを見つけ出す。
パーツに触れる事でエメットは「選ばれし者」となるが…。
エメットの能力はドリルを扱う事ができる。
そして、「マニュアル通り」にしかできないヤツなので、
マニュアル通りにレゴを組み立てる事ができるゾ。

ワイルドガールは謎の女。選ばれし者を探していたようだ。
エメットが選ばれし者だという事実に気に食わないようである。
彼女はマスタービルダーで、いろいろなレゴブロックをチョイスし、
オリジナル設計のレゴアイテムを作れる。
彼女はジャンプ力があり、
高い所に登ったりとアスレチックなシーンはおまかせとなる。
…二人以外にもプレイアブルキャラクターは多数。
ワーナー作品のあのヒーローも登場しているゾ。

ステージをちょっとだけば。
最初のステージは建設現場。ボスの指示されるので、
解体やら建設をしていく。
敵は出ないのでミスする要素はなし。
ブロックをドリルで壊すのでなかなかの爽快感。
マニュアルによるレゴを作る際は、
クイズというか…当てはめるレゴをチョイスする必要がある。
ダンスタイムもあり、音ゲーっぽくタイミングでボタンを押すミニゲームがある。
まーできなくても小さいブロックの獲得量が減るだけなので、
最初は気にしなくていいだろう。

第2ステージ…ステージに入る前に、
いつのまにかワイルドガールが使用できるようになっている。
ゲームだけの人は何のこっちゃと思うだろうね。
警察署からの脱出するステージで、敵も出てくるようになる。
パンチ連打でなんとなく潰せるが、ジャンプ攻撃の方が多数の敵を潰せる。
仕掛けがたくさんあるので、エメットとワイルドガールの能力で切り開いていく。
後半のカーチェイスは良くできていて、ド派手なアクションを堪能できる。
照準を合わせて攻撃するというのが出てくる。
今後もそういうシーンは出てくるが、ちょっと子どもには難しいかもね。

ゲームの難易度はステージが進むにつれて緩やかに上がっていく。
低年齢層には厳しいがヒントが出る事が多々あるし、
二人プレイできるので大人と組めば大体クリアできる。
迷ったら壊せるプロックすべて壊してみるとヨイ。
体力制でなくなると体がバラバラになるがすぐ復活できる。
残機制ではないのかな?無限なのかわからないけどゲームオーバーにはならなかったな。
何度も死ねるって事はちょっと緊張感がないけど、
子ども向けだからその方がウケがいいんだろう。
ストーリーは映画に準拠していて、ゲーム中では映画のシーンも流れる。
道中ではユーモア溢れるシーンがたくさんあるゾ。
でもややぶつ切りでゲームだけだとストーリーはわかりづらいと思うな。
事前に映画を観ておく方がイイかもね。

ゲームの評価 ★★★★★★★★☆☆ 08/10
オススメ度  ★★★★★★★★☆☆ 08/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
黄色い顔のもっともイケてる者に!!
WiiUソフトLEGO ムービー・ザ・ゲーム

いつのまにか2が上映されていてゲーム化もされていた…。
ニンテンドースイッチソフトレゴ ムービー2 ザ・ゲーム

クッソ高いレゴ!アンティークレゴは高い可能性が…!?
おもちゃLEGO 幽霊屋敷 「レゴ モンスター・ファイター」 10228