スイッチ(MCD)


記事No 0080
メディア メガCD
発売日 1993年4月23日
開発元 セガ?オフィスアイ
販売元 セガ

「世紀末的ギャグがあなたの脳髄を破壊する」
パッケージ裏にはこう書かれているが…。
世紀末的とは…退廃的なさま。
退廃的とは…道徳的に乱れていて不健全なさま。
言い得て妙…大体合ってる気がする。
まーとにかくゲームの中にギャグを散りばめた新しいゲームなのだ。
制作には故谷啓氏とワハハ本舗の方々が絡んでいる。
そうかそうか…。

ストーリーをば。
突然すべての機械が狂った。
スイッチとコンピュータを結ぶ回路が狂い、
すべてがデタラメのメチャクチャになった。
このままではテレビゲームもできない。
この異常事態を正常に戻すために
特別のゲームソフト「スイッチ」が開発された。
ゲームに出てくる様々なスイッチを押して、
機械をコントロールしているマザーコンピューターにアタックしよう。

スイッチはステージによって違い数も様々。
正解のスイッチを押すとステージ移動する。
スタートボタンを押すとマップが観れるのでソレを頼りに攻略する。

地図を下降していき最後のステージに到着するとエンディングとなる。
ステージにあるスイッチはレベルが下のステージ移動もあるので、
適当にやっていると同じ所グルグル回ることになりかねない。
なので攻略法はステージに着いたら今どのレベルなのか把握し、
レベル上昇かレベルが同じであればセーブ、
スイッチを押してレベル下降ならセーブした所からやり直すという感じでイイと思う。
スタートボタンとABCボタン同時押しでソフトリセットができるゾ。
不正解?のスイッチを押すと世紀末的ギャグが観れる。
ギャグをどれだけ観たかという達成度もあるので、
100%目指してやるのイイかもしれない。
その場合は全てのステージ、
そしてし全てスイッチを把握しメモするなりすればできるでしょう。

パラメータには「残りのモニュメント」となるモノがある。
これはスイッチを押した事によってモニュメントが破壊された数の残りを意味する。
世界中のモニュメント…僕の場合フランスの凱旋門がでたが、
破壊されてしまった…ギャグなんだろう。
ハズレのスイッチなのかな?
初期状態で30個とあるが全て壊すとゲームオーバーなのかもしれん。
僕の場合はエンディングまでで2か所破壊されました。
破壊のスイッチは一度押すと×が付くので、
2度押してしまう心配はないゾ。

こういうジャンルはなかったから、
ゲームの出来は新奇さはあると思う。
たくさんのギャグを真剣に考えたんでしょう。
ごくろうさまです。
ちょっとギャグが子どもっぽいんだな。
メガCDのユーザーの年齢層を考えるとちょっと厳しい。
幼稚園児か小学低学年なら笑うかもしれん。
ただ、それだけ年齢層が低いと攻略は難しいな。
ちょっと世に出てくるのが早すぎたゲームだと思う。
せめてプレステやセガサターンの時代なら評価も変わっていたかもね。
調べによるとプレステ2で移植版が発売されたようだね。
気になったらソチラでプレイするとイイね。

ゲームの評価 ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 03/10
オススメ度  ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 01/10

サンプル動画です。

駿河屋の商品紹介
ガチョーン!!
メガドライブCDソフト(メガCD)スイッチ

このコントローラーは十字キーがダメ。
メガドライブ ハード8BitDO M30 2.4G Wireless gamepad

なんだかちょっとだけ表現の変更があるらしい…。
PS2ソフトSWICH

スポンサーリンク
お売りください。駿河屋です。